目論見書

目論見書

スポンサード リンク

目論見書とは、ファンドの基本的なスペックが全て掲載されているもので、ファンドを販売している金融機関の店頭や、そのファンドを運用している投資信託会社のホームページで入手できます。

ただし目論見書は、法律によって記載方法が決められており、分かりにくい文言もたくさん掲載されているため、丁寧に熟読する必要はありません。

そして目論見書を読む上で大切なことは、投資信託を購入するに際して、投資対象・中途解約の条件・コストを押さえておくことです。

投資対象は、投資方針という項目で大まかな運用方針が記載されており、そのファンドが何に投資するのか、どのようなプロセスで銘柄選択して投資収益を得ていくのかが載っています。

中途解約の条件は、管理および運営の仕組みという項目に明記されており、投資信託の場合ファンドによっては、中途解約に一定の制限を設けているものがあります。

コストは、管理および運営の仕組みという項目に記載されており、投資信託のコストには、ファンドの申込手数料と保有期間中の信託報酬があります。