ADRのメリット・デメリット

ADRのメリット・デメリット

スポンサード リンク

ADRは個別銘柄への投資なので、銘柄選択が上手く行った時のリターンは、投資信託に比べてはるかに高くなることが期待できます。

しかし、インド株の場合まだ情報インフラが整備されていなく、日本国内でインド企業の情報を収集するには限界があります。

そのためADRは、銘柄を選ぶための情報が少ないため、企業の中身を詳細に分析した上での銘柄を選ぶ作業が、難しいというデメリットがあります。

そういった意味では、ファンドマネージャーのような専門家が銘柄を選んでくれる投信信託を買った方が、少なくとも情報が不足している現時点では、最良の選択肢だといえます。