ADR

ADR

スポンサード リンク

ADRは、日本語では米国預託証券と訳され、ADRであれば株式が直接上場しなくても、株式と同様の価値を持つADRが上場することによって、資金調達が可能になります。

一方で米国の投資家からすれば、米国内で外国企業の株式と同様の価値がある預託証券を購入することで、資金運用ができるというメリットがあります。

そのためADRは、米国の証券市場を通じて資金調達したい外国企業と、外国企業に投資したい投資家の双方にとって、非常に利便性の高い金融商品として注目されています。

このようにADRは、世界中の企業に投資することができ、自分の資産運用ポートフォリオの分散を図るのに有効です。

そして、日本国内に存在しない業種の株式に投資できれば、それだけ投資のリスク分散にも繋がり、株式投資で収益を確保するチャンスを増やすことにもなります。