インド株ファンド・ADR・eワラントの基礎知識について

インド株の特徴

スポンサード リンク

インド株の市場は、2004年後半から証券市場で注目されるようになり、株価も堅調に推移しています。

またインド経済の成長力は顕著で、人口はやがて中国を抜き、BRICs諸国の中でも最も高い経済成長率を維持していくと思われます。

そのため株価水準も多少の上下は繰り返しても、長い目で見れば右肩上がりの上昇を続ける可能性が高いといえます。

そして現時点におけるインド株の投資手段は、インド株ファンド・ADR・eワラントで、この内のどれが良いかは投資スタンスによって異なります。

インド株ファンドは、少額資金から投資できて複数銘柄に分散できることから、リスクの度合いは低くなり、多くは償還期日が設けられてないため、強制償還にさえならなければ、いつまでも保有し続けることができます。

ADRは、米国預託証券といわれ、最もインド株の個別株投資に近いもので、ADRの投資効果を最大限活かすには、長期投資のできる資金で購入する必要があります。

eワラントは、リスク・リターンが最も高い部類に属し、1万円など比較的少額で投資できるのが大きな特徴です。